お客様の声・よくある質問

matsuoakasama

sekiyasama

norimatsusama

koe-ts

oonosama

よくある質問

クリーニングに出すときに注意することは?

  1. 上下対になっているものやフード、ベルトなどが付属しているものは一緒にお出しください。(一緒に洗うことで風合いなどの調和を保てます)
  2. ポケットの中にカードや現金など大事なものが入っていないかご確認ください。
  3. シミやホツレ、破れがある場合、お伝えいただければ、シミ抜きや修理のご相談も承ります。
  4. 服を購入したときクリーニングについての注意事項をお聞きでしたら、その旨をお知らせください。
  5. その他ご要望がありましたらふくやクリーニングスタッフにお申し付けください。

着用シーズンの前と後、クリーニングに出すタイミングはどちらがいい?

シミや汚れは、時間の経過とともに落ちにくくなります。またカビや変色の原因にもなり、虫に食われる可能性も高くなりますので、シーズンが終わって収納する前のタイミングで、なるべく早目にクリーニングに出していただくことをお勧めします。

シミをつけてしまったとき、クリーニングに出す前に自分でも何かした方がいい?

基本的には以下のような応急手当までとし、あとはクリーニング店にお願いしましょう。
  1. タオル・ハンカチ・ティッシュ等ですばやく吸い取り、さらに押さえるようにして水分や油分を吸収させる。
  2. 絶対にこすらないこと。(生地が毛羽立ち、白っぽくなる場合があります)
  3. アイロンやドライヤーなどで、熱をかけないこと。(シミが取れにくくなってしまう場合があります)

ドライクリーニングって何を使って洗うの?

水を使わないことから「ドライ」と呼ばれます。ドライクリーニングは、石油系溶剤やパークロロエチレンなどの水ではない液体(有機溶剤)を使用します。これらの溶剤は油を溶かす力や乾燥の温度など、条件がそれぞれ違うため、品物に合わせて使い分け、洗う時間、乾燥方法などを変えてクリーニングしています。

ドライクリーニングの長所と短所

水洗いと比べると次のような特徴があります。 ○長所
  1. 体から分泌される油分などの油性汚れが良く落ちる。
  2. 型くずれや縮みが起こりにくい。
  3. 生地の風合いが変化しにくい。
  4. 色落ちしにくい。
  5. 繊維をいためにくい。
  ○短所
  1. 汗などの水溶性汚れが落ちにくい。
  2. プリント柄がはがれたり、接着してある装飾パーツが取れることがある。
 

クリーニング品に被せてあるポリ袋、そのままでいいの?

そのままの保管はカビの原因になります。クリーニングのポリカバーは保管用ではなく、仕上がったものを汚さずにお持ち帰りいただくための包装です。そのまま収納すると湿気がこもり、カビが生えやすい条件を作ってしまうことがあります。また、ポリカバー中の成分によって、衣類が変色することもあります。保管するときは、ポリカバーをはずし市販の不織布カバーを使うか、ポリカバーを半分の長さで切って空気が通るようにして保管してください。

シミ抜きを頼めばどんなシミでも落ちる?

特殊なシミや時間経過、熱などによって変化したシミは落とせないことがあります。また生地の状態によっては、シミ抜き処理が行えない場合もあります。

洋服以外の取り扱い品目は?

和服やぬいぐるみ、ふとん、毛布、毛皮、革製品、じゅうたん、カーテン、それに靴やバッグもクリーニングいたします。